リリースされた最新アダルト動画のサンプル版を紹介しています!特に熟女系、フェチ系、マニアック系に力を入れていますので、この手のジャンルをお探しの方は要チェックです!パッケージのカバージャケットを見るだけでも楽しいですよ!


クレジット決済が止まり、サイトが非表示になっておりました。訪問していただいた皆様には、大変にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたm(__)m

縄の淫花 松ゆきの

sm_0107

配信開始日 2022年09月09日
発売日 2022年09月09日
出演者 松ゆきの
メーカー アブノーマルカンパニーズ
レーベル アブノーマルカンパニーズ

本物のマゾ女性を起用した緊縛撮影のドキュメント映像です。実際にマゾ女性を責めながら、厳しく官能的な被虐美を求め、縛りと責めを行います。本作品は松ゆきのを撮影したものです。柱に括りつけられた彼女の口にガーゼを押し込み、豆絞りを被せて、声の自由を奪います。さらにパンティの上から、食い込みがしっかり分かるように股縄を施します。その後は猿轡を外し、そのままワンピースを強引にはだけさせ、可愛らしい乳首に凄惨な責めをくわえ、甘美な悲鳴を愉しみました。椅子に恥辱的な姿で固縛し、彼女の秘部にはバイブが1本、菊門には2本のバイブが挿入され、そのバイブも抜けないように縄が施し、じっくり淫靡に責めました。その後は苛烈に緊縛した状態のまま強力なピンチを彼女の乳首に食いつかせ、ピンチの先には重い金属のプラグを結び、彼女の乳首をさらに苛みます。ピンチを外した後は仏壇ロウソクで彼女の尻たぶ、肛門を虐め、ロウ涙を使ってロウソクを立てました。さらに彼女を開脚の状態に固定した後にクリトリスへロウ涙を落としていきます。容赦ない責めに彼女はロウを垂らされながら恥ずかしい失禁を晒しました。最後は開脚縛りにし、肛門を電マでじっくり嬲ります。淫らに蕩けきった彼女の肛門はゆっくり押し当てるだけで電マのヘッドを飲み込みました。けれども責めはそれだけでは終わりません。彼女の淫裂を塞いでいたテープを剥ぎ取り、ディルドをねじ込み、縄で固定しました。体の内部を目一杯にされながら電マの刺激に酔い痴れ、自らの収縮によって肛門から電マをひり出しました。その間中、彼女は蕩けきった淫らな表情で「気持ちいい」と繰り返しました。淫花と呼ぶに相応しい凄艶な痴態と松ゆきのの深い被虐性がお愉しみいただける作品です。

関連記事